釣り方詳細

バチシーズンの釣り方

入門つりゆき
2013年10月18日
20:02:57
隅田川
いわゆるバチパターン用のものを好みで用意すれば良い

・ヤルキバ
・バチペン
・エリア10
・にょろにょろ
・マニック

などなど。

釣り方画像1


2月くらいから散発的に湧き始めて、5月にはそこら中でバチ祭りが始り、6月中旬くらいまで続く。時期と、湧く量は年によって異なる。

日が落ちた後の、満潮を挟み、下げが良い場合と、上げが良い場合にわかれる。

バチ祭りの初期は下げで、後記は上げが良いとか、いろいろ言われるが、場所やその年の状況でも微妙に変わってくるようだ。色々、自分で調べてみよう。

ただ、表層で簡単に釣れる時間帯が、究めて限られているのは、間違いない。運河筋と、隅田川本流でも、時間帯が異なるので、上手くずらしていくと、そこそこの長さを愉しむこともできる。

隅田川は夜中でも目をこらせば街灯の明かりで、水面の状況をみることができるので、流れのヨレを上手くみつけよう。
風が吹くだけで、ヨレの場所が移動していき、上手く流れにのせると、休み無く連発も難しくない。

表層に浮かぶルアーをデッドスローが基本的な攻めかたとなるが、釣れてない初心者に共通しているのは、リールを巻くのが早すぎることである。これでもか、というくらい遅く巻くと良い。

ただ、状況によっては、ある程度巻いてハッキリとした引き波をたてた方が良い場合もあり、いつでも浮かべておけば良いというわけでもない。

当たりカラーも時期によって変化していくようだが、隅田川の場合、毎年、クリアー系の反応が良い。

この釣り方のコメント

  • この釣り方にはコメントがありません。

ログインするとコメントの投稿ができます。ログイン

  • あなたのルアーライフが3倍楽しくなるwebuマガジン[LureLife MAGAZINE]
  • Super Fishing Guide of JAPAN 2017
  • オヌマンのシーバス攻略 [シーズナルパターンをこう考えろ!]
  • OSP最強コンビが贈るブラックバス入門 並木敏成×川村光大郎 [シーズナルパターン事始め]

toTop↑